ページの先頭です

MENU CLOSE

研究

計画系研究室

地域の活性化と建築施設の関連を捉えた設計の方法論と適用の事例研究、都市ならびに地域の計画や景観保全、建築の歴史文化の研究、さらに建築形態を構想する際の思考技術など、建築物のデザイン・計画のための多彩な研究が行われています。


画像:秋元研究室

秋元研究室

町家が残る近世・近代の町、民家が立地する集落。これらの中には再編計画を求められているものが少なくありません。これらの建築的、空間的特徴を、現在の姿に至る変容過程と、建物とそれが立地する土地、町、集落との関係から捉えます。そこには変わってきたものと変わらないものが存在します。変わらないものに今後の在り方の手掛かりを求めます。

教授:秋元 一秀


画像:西郷研究室1

画像:西郷研究室2

西郷研究室

様々な協働のプロセスによる建築設計の実践と教育への反映

様々な協働とは、様々な職種の方々との協働という意味です。地域住民の方々、行政の方々、企業の方々、建設会社、工務店、設計事務所、他教育機関等との協働で学生と共にプロジェクトを行っています。建築設計の技術をベースに、「まちづくり」や「コミュニティづくり」に取り組んでいます。写真は、2016~17年度に取り組んだ合志マンガミュージアム(リノベーション)です。様々な方々とのワークショップ(図上)に基づいて設計をまとめ、設計事務所・建設会社の方々と様々な問題をクリアーしながら実現させました(図下)。

教授:西郷 正浩
個人ホームページ


画像:本保研究室

本保研究室

建築設計の実践をとおした建築の内外の繋がりの研究
庭と建物のつながりは日本の建物の大きな特徴のひとつです。日本の風土から成り立ち、人々の生活が営まれてきた建築と周りの環境との在り方を実際の建築設計に生かしていきます。

教授:本保 基人


画像:古賀研究室1

古賀研究室

身障者支援システムを活用した福祉のまちづくり手法の提案

本研究では車椅子使用者を対象とした身障者支援システム(ソフトとして車椅子の移動を支援するシステムとハードとしてバリアフリーのまちなか整備計画を支援するシステム)の試験的開発とそのシステムを活用した新たな福祉のまちづくり支援手法の提案を目的としています。

画像:古賀研究室2

共同住宅の供給からみたまちなか居住に関する研究

本研究ではまちなか居住推進に向けた基礎的研究として中心市街地における共同住宅の立地と人口動向の調査し、地理情報システムによる分析を通じて共同住宅供給が人口回復に与える影響を明らかにします。さらに共同住宅のうち、より定住の割合が高い分譲マンションに着目し、分譲の立地動向と徒歩圏域における生活の利便性を分析(生活サービスのネットワーク解析)することで、まちなか居住の魅力を明らかにすることを目的とします。

画像:古賀研究室3

VR技術を活用したまちづくり支援ツールの開発と有用性の検証

本研究では地域住民が参加するまちづくりの現場で議論が活性化し、より多くの意見や提案を集めることを目的にVR技術を用いて整備検討案をリアルタイムに再現する「まちづくり支援ツール」を開発します。そして熊本市中心市街地におけるまちづくりを対象にまちづくり支援ツールを活用した住民参加のワークショップを提案、実施し、その有用性を検証しています。

准教授:古賀 元也
個人ホームページ


画像:内丸研究室

内丸研究室

方針

まちづくり活動を通じて地域の潜んだ可能性を見出し、それを新しい魅力として表に現します。その一環として建築をつくっています。

まちづくり

大分県臼杵市の「うすき竹宵」に始まり、熊本県の「みずあかり」「山鹿灯籠浪漫・百華百彩」「本妙寺桜灯籠」などを立ち上げ住民と卒業生に受け継がれていまする。

建築

山鹿・さくら湯(復元と設計、山鹿市)、豊波神社(山鹿市)、その他

講師:内丸 恵一

環境系研究室

建築環境・設備に関する専門的知識をもとに、建築内空間のみならずその周辺環境下での熱・音・光環境を最適に制御し、人類にとって、より望ましい環境を実現するための研究を行っています。


画像:村上研究室

村上研究室

明視環境評価に関する研究

手話の見やすさに関する研究
中心窩順応輝度に関する研究
コンビニエンスストアの店内照明の実測調査およびアンケート印象評価アンケート調査

騒音評価に関する研究

九州新幹線および特殊仮線工法によるJR鹿児島本線の騒音・振動に関する社会調査

教授:村上 泰浩


画像:村田研究室

村田研究室

建築外皮の省エネルギー性能に関する研究
本研究室では、屋外気象の影響を受ける建物の外側(建築外皮)への工夫が、どの程度の冷暖房用エネルギーを減らすことができるかを研究しています。近年は、太陽エネルギーに着目し、屋根に日射反射率の高い材料を適用した場合の効果を簡易に評価する方法を主に研究しています。

准教授:村田 泰孝

構造系研究室

鋼・鉄筋コンクリート・木構造の部材や接合部の力学挙動と構造解析に関する研究、耐震・制振構造、耐震診断・補強などの耐震安全性に関する研究について幅広く取り組み、人類が持続的に安全かつ豊かに暮らすことを目標とした活動を行っています。


画像:東研究室

東研究室

溶接接合部の脆性破壊に対する安全性の評価に関する研究
東研究室溶接接合部に欠陥が存在する場合、脆性破壊が瞬時に接合部全体へ伝播し、建物の倒壊をまねく危険性があります。これを防止するには、欠陥が接合部の性能に及ぼす影響を定量的に評価した上で、欠陥の合否基準を定める必要があります。本研究では、実験と有限要素解析を行い、破壊力学手法を応用した評価方法の確立を目指しています。

教授:東 康二


画像:島津研究室1

画像:島津研究室2

島津研究室

建築構造物の各種解析法に関する研究を行っています。

  • 建築物の地震応答解析法に関する研究
  • 鋼コンクリート混合骨組の非線形解析法に関する研究
  • ピロティ形式RC造建物の被害調査と解析的検討

准教授:島津 勝


画像:松茂良研究室1

画像:松茂良研究室2

松茂良研究室

アンボンドPCaPC(プレキャストプレストレストコンクリート)構造関連の研究を行っています。

  • アンボンドPCaPC構造の柱・梁接合部の構造特性に関する研究
  • アンボンドPCaPC構造の梁部材端部に設置するエネルギー吸収デバイスに関する研究
  • アンボンドPCaPC構造の復元力特性に関する研究

助教:松茂良 諒


画像:赤星研究室

赤星研究室

延性き裂の進展解析
建物の倒壊の要因となる「延性き裂」に焦点を当てた研究を行っています。
延性き裂が進展し、部材が十分に変形する前に破壊に至ってしまうと、建物に要求されるエネルギー吸収能力が発揮できません。
本研究では、延性き裂の進展を再現することで破壊発生を精度よく予測し、建物の安全性を確保することを目的としています。そのために、実験と解析によって延性き裂の発生・進展を有効に再現できるパラメータを探っています。

助教:赤星 拓哉